上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

AUGGIE's DINER "dialy"

"Anything that gives you a reason to live is saving your life."

--.--.-- / スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) / スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

2009.07.20 / maillot jaune

713px.jpg

SCRMくんがツール・ド・フランスにハマってるのを知り、
自分も思い出しちゃいました(笑

ぼくもメチャクチャ好きでした!ツール・ド・フランス
昔は深夜番組でダイジェスト放送していたんですが、
今ではめっきり放送しなくなっちゃったね(涙

特にハマってたのは小学生の時(笑
んで特に好きな選手が"グレッグ・レモン"-Greg LeMondでしたね!
個人的な意見ですが、この頃のツール・ド・フランスが一番おもしろかった…

そしてその大好きだった"グレッグ・レモン"が世界選手権で
1990年宇都宮に来たんですよ!
アジアで初めて開催の世界選手権、しかもそれが宇都宮の森林公園
これは、行かないわけないでしょう!
なんとか親を説得して観に連れてってもらったもんです。
しかもこの時、"グレッグ・レモン"はキャリアの絶頂期!
いや~ほんとかっこ良かった(涙

_IGP1038.jpg

これがその当時、カメラ小僧Auggieが捉えた奇跡の1枚!
かなり引き延ばして部屋に貼ってました(笑 
でもなんでモノクロなんだろ?当時の美意識がちょっとひねくれてたんでしょう…


"グレッグ・レモン"-Greg LeMond
----------------------------------------------------------------------------------------------
ヨーロッパ人以外で初めて、ジュニア世界選手権、世界選手権を優勝。
ツール・ド・フランスにおいてもヨーロッパ人以外で初めて
のみならず3度の総合優勝を成し遂げたアメリカ人。
すべてにおいて、今のロード・レースのスタイルを確立したと言っても過言ではない選手。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
1983年に、欧州以外の人間としては初めてロード・レースの世界チャンピオン。
1984年、ツール・ド・フランスに初参加して、個人総合3位と新人賞を獲得。
1985年には個人総合2位。
1986年、遂にロード・レース最高峰のツール・ド・フランスを制覇。
1987年、レジャー中に従兄弟の散弾銃が暴発、至近距離から瀕死の重傷を負ってしまう。
手術で一命を取り留めた後、復帰を誓う。
2年もの厳しいリハビリ・トレーニングの後、
1989年ツール・ド・フランス奇跡の復活&劇的な逆転優勝を果たす!(『100年の歴史の中で最も劇的なツール』として記憶されている)
1990年、宇都宮世界選手権
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ただ一つ、ネックなのは、この人『アンチ、ランス・アームストロング』なんですよね(涙
でも、昔のロードレース界はヨーロッパ選手至上主義だったみたいだし、
その中で唯一のアメリカ人として闘った先駆者なんです。
道を切り開らき、偉大な功績を残した"グレッグ・レモン"は、やっぱり僕のヒーローです。


_IGP1016.jpg

おまけ
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
今では「レモン牛乳」はこんな事になってるようです…
たしかに、牛乳じゃぁ賞味期限も短いし、
保管に苦労するから「おみやげ」向きではなかったけど…
スポンサーサイト
(05:10) / BIKE / TB(0) / CM(5) /
HOME / NEXT
Photo by clef Template by 25:00